micro:bitの作品紹介「たんたん!探検隊」

今回は、先日のインタビューでお話を伺った川口明莉(かわぐち あかり)さんのmicro:bitを使った作品をご紹介します。明莉さんが小学3年生のときに開発され、いろいろなプログラミングコンテストで受賞された、見た目もコンセプトもとっても可愛らしい作品「たんたん!探検隊」。

「棒倒しゲーム」のデジタル版ですね!木の棒が倒れた方向に進んでいく遊びで、方向を決める部分をmicro:bitのプログラミングで実現しています。乱数ブロックを使ってランダムに方向を決めて、LEDに矢印を表示させています。

遊ぶだけじゃなくて他にも、出発してからの時間を測ったり、暗くなると自動でライトが点いたり、さまざまな機能がついています。腕時計みたいに装着できる点も実用的で素敵です!

もしも探検に夢中になりすぎて迷子になってしまったら....

お母さんに連絡しよう!micro:bitにお母さんの電話番号が表示されます。緊急時にも対応できる機能、ナイスアイデアですね!

加速度センサー、明るさセンサー、温度センサーなどmicro:bitに搭載されている基本機能だけでもこんなに楽しい作品が作れるんですね。明莉さん、素敵な作品のご紹介、ありがとうございました!

明莉さんのインタビュー記事はこちらです。

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。