micro:bitの無線機能で呼び出しチャイムを作ろう

こんにちは、平山です。お家の困りごと解決シリーズ、今回は呼び出しチャイムです!(前回は薬を飲み忘れたら鳴るアラームを作りました。)

2階の部屋で遊んでいる子供たちに、「ご飯だよー!降りてきてー!」と毎日1階から声をかけていますが、まぁまぁ声を張り上げないと子どもたちに聞こえません。チャイムのようなもので呼びかけが出来ないかな?マイクロビットについている無線機能を使って、プログラミングで解決してみたいと思います。

マイクロビット1のボタンを押したら、離れた場所にあるマイクロビット2から音が鳴って、マイクロビット1から呼び出されていることを通知するシステムを作ります。「ご飯ですよ」が1、「おやつですよ」が2で、2種類の数字も送ってみます。

【マイクロビット1(送信側)】

  1. Aボタンを押したら、無線で1の数値を送信してメロディを鳴らす
  2. Bボタンを押したら、無線で2の数値を送信してメロディを鳴らす

【マイクロビット2(受信側)】

  1. 受信した数値を表示してメロディを鳴らす
  2. Bボタンを押したら、表示を消す

 プログラムを組んで実際に動かしてみた動画はこちら!

 

プログラミング

2台のマイクロビットを無線でつなげるため、グループを設定します。送信側、受信側のどちらにも、最初だけのブロックで設定しておきましょう。それぞれのプログラムはこのようになります。

はじめてmicro:bitのプログラミングに取り組む方は、こちらのページを最初にご覧ください。プログラミングのやり方などを解説しています。

 

【マイクロビット1(送信側)】

 

【マイクロビット2(受信側)】

 

 

 

このプロジェクトを考えるにあたって、スイッチエデュケーション著・micro:bitではじめるプログラミングを参考にしました。マイクロビットの入門書としてとってもおすすめなので、よかったらお手元に1冊どうぞ!

コメントを残す

コメントは表示される前に承認される必要があります。